Howdunnit

存在証明と生存確認

2022年2月「見た映画読んだ本」

毎月見た映画と読んだ本をまとめていきます。今回は、2022年2月に見た映画と読んだ本をまとめます。

映像

映画

  • Ghostbusters: Afterlife
  • Death on the Nile

アニメ

Homebrew の掃除

はじめに

会社でもプライベートでもMacを使用しており、最近はWindowsでもWSL2でLinux版のHomebrewを導入したりしています。brewコマンドを使っていくにあたり、不要なパッケージが残っていたりするので定期的に掃除しているのですが、毎回コマンドを忘れるのでメモです。また、Homebrew bundle についても記載します。

brew.sh

不要なパッケージの削除

brew leavesを使用します。

$ brew leaves

これによって別のパッケージの依存関係にないパッケージの一覧(≒直接使用しているパッケージ一覧)が出てきます。ので、後は直接使用していないパッケージを削除すればOKです。( ※ Homebrew外で依存関係にあるパッケージがある場合は注意が必要 )

古いバージョンやファイルキャッシュの削除

brew cleanupを使用します。

$ brew cleanup

パッケージの一括管理(追加/削除)

brew bundleを使用することでHomebrewで管理しているパッケージの一括管理ができます。 設定ファイルとしてBrewfileというものを用意すれば一括で追加/削除を行うことができます。 PCの移行時などこれを使用すれば、PCからHomebrewを削除しても安心ですし、移行先のPCでも簡単にパッケージ管理を始められます。

github.com

Brewfileにインストールしたパッケージを書き込む (CaskやApp StoreからインストールするGUIアプリなんかも管理できる)

$ brew bundle dump

Brewfileに書き込まれたパッケージの一括インストール

$ brew bundle <Brewfile>

新しいスキルの学び方

はじめに

以前、以下の記事を読んで、キャリアを考えるにあたってどのようにスキルを身につけていけば良いか参考になりました。 『セキュリティエンジニアへの道』とありますが、スキルの身につけ方のところは、セキュリティエンジニア関係なく参考になると思います。

engineering.mercari.com

上記ブログを受けて、新しいスキルを学ぶことについて手元にメモしていたため、ブログに起こそうと思います。 ( 新しいスキルを学びたいケースはキャリアチェンジのみではないし、セキュリティエンジニアに特化した情報でなくても良いかなと思ったので一般化して手元にメモしていました。 )

新しいスキルを学んでいくためには

新しいスキルを学んでいくために以下の4つの方法があると思います。

  1. 資格
  2. 読書/リサーチ
  3. 発表/共有
  4. 経験

それぞれ見ていきましょう。

1. 資格

「資格」については、「資格を取る」という目標、目的を設定できるのでモチベーションを維持できます。また、(参考書などに記載されている)決まったシラバスに沿って学んでいけば良く、学習についての道が示されているのが良いところかなと思います。もちろん、資格を取得すれば、資格としての効果を発揮します( 標準的な知識を持っていることを証明できる、履歴書にも記載できる)。デメリットとしては、資格、資格を学ぶための書籍やトレーニングコースなどについてはお金が発生する場合が多いことです。

2. 読書/リサーチ

「読書/リサーチ」については、言わずもがなですが、世の中には新しいスキルを勉強するための教材が山ほど存在しています。書籍やものによってはお金が発生しますが、現在は無料で閲覧できるものが多いと思います。

  • e.g. 書籍、テックブログ、大学講座のスライド、過去のテックカンファレンス/テックイベントのプレゼンテーション(スライド/動画)

3. 発表/共有

「発表/共有」については、要はアウトプットということです。アウトプットのために情報をまとめることで知識が浅かった部分が把握でき、より深い知識が身につきます。また、アウトプットのための活動でも気付きはあるのですが、アウトプットすることによって得られるフィードバックからも得られる気付きがあると思います。

4. 経験

「経験」については、業務やコミュニティ、プライベートの活動での経験で得られる対応やレビューなどの文化等経験に基づく知識になります。また、自分の経験だけでなく、他人の経験(働き方や考え方、振る舞い等)も知識になると思います。普段から観察しておくことや1on1やメンタリング等で直接訊くこともできます。

イベント参加時の観点

はじめに

所属会社の業務時間中に外部の技術イベント等に参加した際にレポートやブログの執筆、社内共有を求められることがあると思います。
この時のイベント参加時の観点や記事の内容などについて手元でメモしていたためブログに起こそうと思います。

イベント参加時の観点

イベント参加時の観点について以下2点を意識してイベントに参加すると良いと思います。

  1. 所属会社や所属会社の取り組みとの関連
  2. 所属会社、所属チーム、個人として今後どう活かしていけるのか

また、記事にする際に便利なので写真は撮れればできるだけ撮っておくと良いと思います。

記事の内容

最後にレポートやブログ、社内共有を行う際の内容について記載します。内容としては以下を記載すると良いと思います。 また、記事の公開や共有は鮮度が命なので、できるだけ早い方が良いです。

  1. イベント概要
  2. イベント全体を通しての所感
  3. セッション(講演)内容
    • 内容
      • 概要
      • スライド/写真/動画等があると尚良い
    • 感想/所感
      • 参加の動機
      • DeepDiveできると良い
        • セッション内容と関連する社内(所属チーム内外、個人)の取組を絡める
        • 所属会社の色が出せると良い
  4. 出展紹介
    • 出展物について
    • 出展者と話した内容等

2022年1月「見た映画読んだ本」

毎月見た映画と読んだ本をまとめていきます。今回は、2022年1月に見た映画と読んだ本をまとめます。

映像

映画

  • The King's Man

アニメ

ドラマ

  • TITANS Season 3